コナンを中心に好きを色々

名探偵コナンを中心に好きなものを自由に語る場所。人生いろいろ趣味もいろいろ。

生きている文章

生きている文章だなって

はてなブログのトップに載ってたのたまたま読んで思ったわけです。

書いた人の熱量が伝わってくるというか。

読ませる文章のブログってすごい見やすい。
見やすい文章を書こうとするとあーでもないこーでもない、書いては消すに陥る時がある。
んで最初にあ、これ書きたいって思った衝動が既になくなってて面倒になったり、とりあえず見てくれを整えた文字の羅列になってたり。

あと考えてるうちに忘れる。今もう既に1文字目を打ち始めた私はいない。

なんか今日は無駄な日を過ごしてしまった。
無駄だけど、しばらく記憶には残るであろうそんな日。

うーん

まだまだだな

眠いな

どうしよう


忘れた頃に読み返して、あーこんな日もあったねぇと懐かしく思う日がいつか来るでしょう。
こんなの残してたなんては恥ずかしい(笑)
と思えるくらいが最高。

ではこれで。

今更ながらコナン再熱で「天国へのカウントダウン」の感想を書いてみた2017

今更ながら名探偵コナン再熱したんでコナン映画制覇しよう企画第2弾
 
いつまで続くかわからない個人的企画(笑)
 
第1弾は思い入れのある「瞳の中の暗殺者」を。
何回見ても良かったです。
 
今回は「天国へのカウントダウン」にしてみました。
瞳に比べて新蘭要素は薄いけどそれなりに面白かった印象。
しかし人間昔のことは忘れるようで。
2回は観ているはずがあまり覚えてなく…あるシーンを見るまで犯人も思いだせませんでした(笑)
それ以外にも、え?こんなシーンあった?の部分が多く初めて観る映画のように新鮮に鑑賞できました。
以下基本新蘭推しでつらつらと感想を書きましたのでよろしければどうぞ↓
 
 
少年探偵団キャンプへ向かう。
西多摩市…ってどっかで聞いたな…と思ったらコナン君回想してくれた!
そうだった!時計じかけの摩天楼だよ!
すっかり忘れてた。ブランクあるなぁ…
 
 
あしたもキャンプーあさってもー♪!
なごむ(笑)
 
博士のクイズタイム!
前回瞳の中の暗殺者で歩美ちゃん&光彦が出題していたので、あれ?博士出題が毎年恒例じゃなかった?と。むしろ前回がイレギュラーだったんだね。
問題は
(88歳は米寿)44歳は何というか分かるかな?
ヒントは漢字1文字にカタカナ3文字じゃ。寿はつけんでいいぞ。
 
答えは
半ライス
(44歳が88歳の半分のため)
 
相変わらずの博士クオリティで。でも意外と楽しいよね。
 
さて、哀ちゃん夜中に謎の電話です。
誰にだっけ?ってハラハラしたんでお姉さんの留守電とわかって安心した。
この頃の哀ちゃんはまだ距離感あったしミステリアスさ全開でしたね、懐かしい。
観終わってから気が付いたけど「もちろん彼も一緒よ」ってお姉さんに伝えてたじゃないですか。
ってことはそれ以前の電話で工藤君について話していたんですよね。
気になる。もちろん、灰原さんが陰で工藤君をどう評しているのかネタ的な意味でもだけど、お姉さん、宮野明美さんの死にコナンは絡んでいるわけで。コナンが悪いわけじゃないけど吹っ切れてもいないだろうし。お姉さんに何を伝えていたか…灰原の心が見えてきそうです。
 

今気が付いた!ジンとウォッカってジンの方が偉いじゃん?
でも車の運転はいつもジンだよね。車もジンのだし。
立場的に下の方が大抵運転手になりません?
さぁここから導き出されるものは?
 
1、 ウォッカは免許を持ってないもしくは免停
2、 ジンはドライブが好き
3、 ウォッカが以前運転ミスってジンに怪我させて以来、運転を禁じている
 
真実は?(笑)
ジンもちゃんと免許証持ってて、更新とかしてんのかなぁ…(笑)

蘭たちと合流!
10年後の歩美可愛い!!光彦、哀ちゃんに惹かれてはいるもののデレデレ(笑)
蘭の写真は想像にお任せですか…

「新一にはもったいない」
「これがあやつの良いようにされる」

博士も園子も茶々を入れる、ってすごいよね。
新一も蘭も表向きは好きだとひとっ言も言ってないのに2人が両思いなのは暗黙の了解、周知の事実になってるんですよ。おいしい!楽しい!いいぞもっとやれ!
 
新一の10年後(27歳)も見たい。
蘭の10年後の写真は蘭が大切に取っておくか、捨てたものを拾い返して新一がこっそり保管しているかさぁどっちだ!

森谷帝二の弟子風間さん。顔そっくりじゃない?
 

蘭お姉さんのお悩み相談室!
小学生だって真剣に悩みます。
小学1年生に女の勘を説かれる高校2年生でした(笑)

新一として電話し、コナンが蘭を好きらしいと相談される見た目はコナン君。
恋心がバレバレなのは見た目が大きくても小さくても変わらず(笑)
ガキの頃の恋愛ははしかみたいなもの、ってどの口が言ってんだ!
ガキの頃から蘭一筋で今でも片思い(形式上)なくせに!!
まぁ、
素直になるべきなのはオレのほうだよな…
とちゃんと分かっているようなので許します(笑)
 
このタイミングで新一として電話したのは、お悩み相談室に出かける蘭に、「蘭ねーちゃんお出かけ?」と聞いても詳しいことを聞けなかったコナン君。って感じのやりとりがあったんじゃないかと。原作の英理さん初登場のときみたいな。そんな妄想。
 

1件目の事件発生。
 
ブローチとお猪口似ているかなぁ…?ごめんちょっと分からなかった。
 
少年探偵団調査開始。
光彦のバックに見える富士山とツインタワービルを見てようやく犯人を思い出しました。見直すと乗車時の窓にも映っていたから、地図を確認するシーンと合わせて2回出てましたね。基本推理しながら観ないけど、こういうさりげなさは映画のクオリティをあげてくれて好き。如月邸の閉まり切った巨大カーテンも。
 

博士のくまさん柄パジャマ!
 
灰原さんの居場所。
思い出した!原作のどっかで小学校時代は海外?インターナショナルスクール?で東洋系の自分の顔でいじめられてたとか言ってなかったっけ?何歳くらいから灰原自身が組織に入ってたかは知らないけど、両親を考えると組織という異常な環境自体は幼い頃からあったわけで。安心できる場所って今までなかったんじゃないかな。普通とはかけ離れた暮らしをずっとしてきて、比較的自由に動けたお姉さんだけが“普通の世界”とか、“人とのつながり=アイデンティティ”を感じられる唯一だったと思う。
でも今は少年探偵団が居場所だから!そこで幼い頃に感じることが出来なかったものを沢山受け取って心の穴を温かいもので埋めてっていくんだよ。
哀ちゃんに幸あれ!
 

歩美ちゃんの恋心が可愛すぎる件について。
ウェーブかけなくても十分可愛いよ!
 
30秒ゲームの判定方法緩すぎじゃないですか?

風間さん沢口さんに気が付いたなら、ネックレス散らばった件も気が付けない?
と私的には思うが…まぁその辺はいいや。

事件、爆発、ジンの狙撃…その辺はすっとばして(笑)
 

退路を断たれたコ蘭。

「生きて新一を待ってなくちゃいけないから」
 
新一との約束は蘭に勇気を与えてくれた、けど怖くないはずがない。
恐怖と不安でいっぱい。
でもコナンを助けるために、無事に帰って新一を待つために、行動しようとする蘭。
コナンは嬉しさも不甲斐なさもあったんじゃないかな。
この状況で自分は何にもできない、蘭におんぶにだっこ。助けてあげたいのにそれが出来なくて、蘭に危ないことをさせる。歯がゆさもあったと思う。
もちろん、新一との約束を大切にしてくれることに対しての感謝も。
 
 
「大丈夫だよ、蘭ねーちゃん」(オメーの気持ちはいてーほどわかってるからよ)
の一言にどれだけの気持ちが込められていたのだろう。
その一言と笑顔で蘭を後押しするとともに、蘭の感じている不安や恐怖を受け止めたような気がします。蘭を信じて命を預けた瞬間でもあるよね、きっと。
 
なんていうか、前作(瞳の中の暗殺者)に比べて一見新蘭が薄いように見えるんだけど、恋愛とかよりもっと深い二人の絆、つながり、相手に対しての想いを感じられました。語彙力が欲しい…新蘭尊い
 
無事に助かってよかった。
蘭ちゃんがあまりにも華麗にやってのけるから
無茶しやがって」の一言で済んじゃったけど、そんなレベルじゃないよね(笑)
 

少年探偵団の救出に向かうコナン。
ここのエレベーターの回数表示もカウントダウン意識のような高揚感。
 
謎解きシーン。
ごめんなさい、まぁね?すぐにはね?ヘリ来ないからだろうけど、推理なんかしてないでさっさと逃げろよと思った私は愚かです(笑)
あと哀ちゃんに爆弾を見つけてもらうが故なんだけどさ、屋上にヘリを待つのが全員本物の小学生ってのはどうなの?頭脳は大人の2人組さん(笑)なんかあったら大変なんだから大人が付いててあげても良くない?(笑)

というわけで爆弾発見、残りわずか4分。
蘭を見つけるコナン。
ここでさっきの蘭の行動が活きてくる感じが。
蘭が自分との約束の為に生還した以上、自分が裏切るわけにはいかない。
自分が諦めるわけにはいかない。
蘭に預けて助かった命を自分が落とすわけにはいかない。
生きて蘭の元へ戻らなきゃいけない!
って感じでほんの一瞬ですが好きな場面。

哀ちゃんの超人的暗算(笑)
車での脱出、30秒カウントがカギを握るシーン。
ここにたどり着くまでの状況の持ってきかたは個人的に大好きです。
 
パーティーで30秒クイズに参加させることで探偵団3人の時計を手元から離す。
ここに来るまでの過程で灰原&コナンの時計はバッテリー切れで、自分たちでカウントせざるを得ない状況。
さらに30秒カウントゲームで歩美ちゃんに1度失敗させることで不安やハラハラ感を生む、といった感じで。映画として凄く好き。
映画の中に散りばめられていた点がここで1本に繋がる感じが。
 
 
コナン君が傍にいてくれたら出来ると思う…!
歩美ちゃん可愛すぎ。青山先生原画だったよね?
ここの歩美ちゃんはほんと可愛い、見かけだけじゃなく勇気を出して立ち向かう姿勢も含めて。だからコナンが頬を染めたのも許す(笑)
 

蘭ねーちゃん、今からそっちへ行くから。
 
なんかこう…待っててくれ蘭、とか。オメーの居る場所が俺の変える場所だ、とか。
安心してくれ、大丈夫だ、ありがとう…すっごく色々な意味を乗せているように感じた言葉と表情。最後の最後まで深いものを見せてくれます。

犠牲になろうとする灰原を車に連れ戻す元太!
米粒ひとつってキャンプの時にも言ってましたよね!?こういうつながりが良い。
車から落ちそうになる灰原を繋ぎとめる光彦。
この脱出シーン少年探偵団大活躍ですね!
 
歩美ちゃんの恋心、光彦の恋心、元太君の仲間を救う友情。
小学生って子供だけど、大人が思っているよりは大人と変わらない心をちゃーんと持っているんだよ。それぞれがちゃんと1人の人間として扱われている気がして…
コナン1人だけじゃなくみんなの力で危機から脱する!
 
コナン映画としては珍しく?蘭のピンチを救うコナンという王道ではないクライマックスだけど凄く好きです。
 
まぁ最後コナンヘルメットでガラス破壊って命中率もだし、跳ね返らずよく割れたなって突っ込みたくなったけど(笑)
 

全員無事で良かった!ハワイで運転教わっていて良かったね(笑)
最後灰原の「吉田さんを泣かせたら私許さないわ」も面白かったけど、
コナンに30秒のネタバレをした後に光彦と元太に格好良かったよ!って伝える歩美ちゃん。
小悪魔の素質有り(笑)
 
乾くと良いね、おっちゃん(笑)
 
 
 
 
面白かったです!

そしてDVD収録の予告編。
コナン・蘭の飛び降りシーンのセリフが違ってましたね。
 
オレが付いてるぜ、蘭
 
それもいいけどやっぱり本編のセリフの方がぐっときますね。
言葉に乗せることのできる想いが多いというか…
声優さん、制作の方のこだわりを感じられる。
 
 
長々と書いてしまいましたがやっぱりコナン映画良いですね。
そんなこと無理でしょ、とか、いやいやいや(笑)というツッコミどころは結構あれどでも面白い。
 
 
私個人的にはコナン映画の面白さは
・推理
・アクション(映画的スケールの大きさ)
・恋愛
の三拍子バランスよく揃っていることだと思っています。
新蘭好きですが新蘭要素だけありゃいいってわけじゃないのです(笑)
 
今回映画を久々に見直すまでは恋愛が薄いイメージで、それなりに面白くも絶賛するほどでは無かったんですが、そんなことないですね。新蘭要素もしっかりありました。
 
でも新蘭だけじゃなくて、歩美も光彦も。それから恋愛にカテゴライズはされないけれど、誰かが誰かを思う気持ちが映画全体にしっかりと入っていて。こんな良い映画だったんだなと。ベタかもしれないけど30秒の脱出シーンもハラハラしました。
 
現時点で瞳の中の暗殺者が私の中でトップ、新蘭王道かつ3要素のバランスが絶妙で大好きですが、カウントダウンも良いですね!今ぶっちゃけ同じくらい好きです!
全ての映画を観直して個人的ランキング作りたい…!
次は何を見ようかな?
第3弾にご期待ください(笑)
お付き合いありがとうございました~!
 
 

今更ながらコナン再熱で瞳の中の暗殺者の感想を書いてみた2017

から紅の恋歌」が大ヒットのようで。

昔好きだったコナンが懐かしくなり映画館に足を運んだのをきっかけに再びコナンにはまりました!
コナンオタクでしたね…懐かしい。
推しカプは新蘭。推しって言葉、当時は無かったと思うけど(笑)

 
映画館で観た最後の映画は「紺碧の棺」
コミック的には60巻台の前半までは読んでいたようです。
今そのブランクを埋めるべくコミックを読んでいます。
世良ちゃんの登場シーンの多さに驚きというか違和感というか…正体は?
最新話まで読んだらもう判明しているのかしら?
 
コミックも読んでいるけど過去の映画が無性に観たくなり。
まずは過去作で特に好きだった「瞳の中の暗殺者」を観た感想を書いてしまいました。
基本新蘭ファンです。謎解きする気はなく殺人ラブコメを楽しんでおりますのでご了承ください。
 

冒頭は新蘭トロピカルランドデート
 
「もー、すぐどっか行っちゃうんだから」
蘭のたった一言でも新蘭の歴史の長さが…
 
「ここ2時間おきに噴水が出るんだ、オメー、こう言うの好きだろ?」
新一も負けてませんよ。
好きだろ?ってオメーの事は何でも知ってるよ、
というオレと蘭の絆アピール(無意識に)
楽しみにしていたデートですもんね。1巻で忘れるわけねーだろと心の声で言っていたのを思い出しました。つーか噴水の件、蘭ちゃんが知らないってことは定番スポットではなく知る人ぞ知るって感じのイベントなんですかね?
新一君、デートの為に万全の下調べをしていたんでしょうきっと。
そりゃーカウントダウンも張り切りますよね(笑)新一君よく頑張りました。

と思ったら舞台は現在に戻りコ蘭の電話。
虹が掛かって綺麗だったよねという蘭に対してくだらねーこと覚えていやがって、と。
それだよ!そこがダメなんだよ君は!女心が分かってない大馬鹿推理之助だ!
映画恒例のクイズ!出題者は歩美ちゃん&光彦君。
博士出題が恒例だったはずだけど今回は例外?定番になったのっていつからだっけ?
あとで調べてみよう。

今年の問題は
灰原さんにコナン君ってどんな人だと思う?って聞いたら、
月を見ながら「夏じゃない」って答えたの。
灰原さんは1.コナン君を褒めた、2.コナン君を貶した、さぁどちらでしょう!?
 
夏→6・7・8月→ロク・ナ・ヤツ→ロクなヤツじゃない
ということで答えは2番の貶した。
解けなかった…
まぁでも灰原さんがコナンを褒めはしないので答えはほぼ決まりですけどね(笑)
 
アイツがオレの事褒めるなんてありえねーからな…
みたいな心の声があるかと思ったけど無かった。
 
参ったしてくれますか?って光彦に言われた後のコナンのはぁ?みたいな反応可愛いと思ったのは私だけですか?

なんやかんやで1件目の殺人事件が発生。
死ぬ間際に抑えた左胸。
真相を知っていると中々上手い伏線というかミスリードというか。
なるほど~でした。

2件目は警察手帳が映ったと思いきやあっさりと終了。
3件目の舞台、結婚を祝う会へ。
 
そっか~、この頃高木刑事はまだ片思いだったのね懐かしい。
今やすっかりラブラブというか、コナン界隈で一番進展しているカプなのにね。
あっさりと秘密をばらす高木刑事(笑)
 
Need not to know
知る必要のないこと

ミステリアスにさせる細かい演出、好きです。
 
小五郎のプロポーズの言葉が判明!
一言一句正確に覚えている英理さん(笑)
なんやかんやでこちらもラブラブですね。
 
佐藤刑事を死なせる訳にいかないのでしょうがないとは言え、死亡確認せず、記憶喪失になったから良かったものの目撃者に危害を加えないで逃げるというのは如何なものでしょうか、犯人さん(笑)
 
蘭ちゃんが記憶喪失…
もっと他に原因があったんじゃねーか…もっと蘭の心をえぐる何かが…
記憶を失うほど強いショックを受けた蘭は勿論、その蘭を見て、コナンも心を痛めたであろうこの記憶喪失~原因発覚の流れ。蘭のことを見続けてきたコナン(新一)は蘭の性格を良く知っていて…どれ程のショックを受けたのか自分も心を痛めるくらい想像できたと思う。

犯人に命を狙われているかもしれない…
ということで蘭退院後英理さんも事務所へ。
 
毛利探偵事務所住居スペースの間取りが知りたい。
 
蘭の部屋には蘭の事をたぶらかそうとするとんでもない奴(笑)との2ショット。
これトロピカルランドに居た誰かに撮ってもらったんだよね…そのやりとりだけで小説一本書けそうな気がするんで誰か!(pixivにすでにありそうだな…)
 
蘭の部屋本多いな…でも確かに原作でも作家やタイトル知ってる描写あるもんな。
 
どんなビーフシチューなのか気になる(笑)

園子が持ってきたアルバムに写っていた新一に懐かしい気持ちの蘭。
こんなに傍にいるのに何も出来ない工藤新一。
蘭を守る!って想いが余計に強くなったんじゃないかな。
出来ない歯がゆさと、出来ることを懸命になる姿が両方出ていて切なくなる。
 
でもね、工藤新一ってどんな人?の答えとしてその回答はびっくりじゃない?(笑)
蘭は普通に流したけど。
蘭ねーちゃんのことを一番に考えてってそれすでに告白だよね。
これっぽっちも伝わってないけど。
 
線路に落とされたことで再び病院へ。風戸先生…どんな気持ちでそこにいたんだ。
 
記憶を取り戻すためトロピカルランドへ!コナン抜きで。
危ない目に合わせたくなくてコナンを遠ざける蘭。
蘭の優しさが出ているシーンだけど、考え方によってはコナン君の(異様なほど)必死なオーラが出まくっていることになるんじゃ…(笑)
 
友成慎が逮捕されました。蘭姉ちゃんを守り隊の大活躍で。
高木刑事は今回良い所なしで終わりです。
 
小五郎パパ!かっこよくないですか!?
「俺がいない方が新一のことを思い出しやすい」
「すべて思い出した時にそう呼んでくれ」
(お父さん呼びに躊躇してしまう蘭に対して)

「今回は大手柄だったな」(探偵団に対して)
大人の男って感じで!本当にすっごく素敵な方です。

コナンもトロピカルランドへ到着。
飛び過ぎじゃないですか?そのスケボー。
から紅はじめ最近の劇場版は超人か!?ってくらいとんでもない動きだと思ってたけど初期からそうだったようです(笑)

ハワイでオヤジに教わったボートの操縦。
な…懐かしい!ハワイでオヤジにシリーズ。
天国へのカウントダウンと、ベイカー街の亡霊でもあったよね。から紅であったっけ?いつまであったんだろ。
さて、真犯人が判明したところで謎解きタイム。
風戸さん、話聞かずにさっさと撃てばいいんじゃ…と口をはさんではいけません(笑)
 
 
「好きだからだよ…オメーのことが好きだからよ、この地球上の、誰よりも」
 
はいきました!いただきました!
青山原画でサイコーです!
分かっててもにやにやします。
 
9時まで10秒前。カウントダウン。後ろの観覧車好き。
噴水発生でピストルが…蘭の記憶がよみがえるシーン上手いなぁと。
冒頭のデートが終盤で活きるのも、すべてがこのシーンに集結する感じでキレイな作りでお見事!です。あとコーラの缶が落ちるとこも映像・効果音妙にカッコよくて密かに好きなシーン。
 
でもコナン油断しすぎ。一旦倒した犯人にやり返されるの原作でも何回か見てるよ(笑)
ラストは空手都大会優勝の蘭ねーちゃんが大活躍!
優しさ強さ美しさすべて兼ね備えた蘭が大好きだ!

Need not to know
僕はただの小学生だよ。
 
かっこつけやがってこいつめ(笑)
田切警視庁もかっこいい大人でした。

恒例のおまけ。
告白もわざとだと認識され、なおかつおっちゃんと同じ発想だと判明でダブルショックの新一君でした。残念、でも君はそれでいいのだよ(笑)
 

自己満足にだらだら書いてしまった。

何回見ても良い映画です。新蘭推しだからだけじゃなくて、事件も、恋愛も、劇場版らしいダイナミックさ(アクションなど)も全てが良いバランスで組み合わさった完成度の高い映画だと思います。まさに「殺人ラブコメ」の王道!といったところ。
 
今回レンタルDVDで観たんですが、予告編と作品紹介(劇場版1~7作のTVスポット集)が収録されていまして…
そこで初めて知ったことがありました。
 
「好きだからだよ…この地球上の誰よりも」
の部分のセリフが予告編では

「大切だからさ…」
 
になっていて!!
で、TVスポット集では

「命を懸けてお前を守る」

になっていたんです!!
知らなかったー。ちょっとびっくり。
映画的にはこの地球上の…で大正解だと思うんですが、予告編の“大切”って表現も好きです。新一って蘭のことが本当に大切なんですよね。この映画の行動はすべてそこにつながってるんだよな~と改めて思いました。

やはり新蘭、コナンは面白いです。
また他の映画なども見たら感想書きたい。
読んでいただきありがとうございました。

今更ながら名探偵コナン

最近またコナンブームが来ている私。

から紅の恋文も何年ぶりかで観に行きました。

何年ぶりだろと思って調べてみた。

私が映画館で最後に観たのは「紺碧の棺」

公開年は2007年!!

ちょうど10年前でした。まじか。

 

10年前は…学生でしたね。

学生区分は秘密笑

 

コナンオタクだったなぁ私。

好きカプは新蘭。

こっちが年を取るにつれてマンネリっぽくて飽きを感じた&環境の変化で漫画から離れていって全然読まなくなっていったので今の話についていけてない。

ちょっとまた再熱したので少しづつ感想やら何やらアップしたいな。

 

と完全放置だったブログを更新笑