生きている文章

生きている文章だなって

はてなブログのトップに載ってたのたまたま読んで思ったわけです。

書いた人の熱量が伝わってくるというか。

読ませる文章のブログってすごい見やすい。
見やすい文章を書こうとするとあーでもないこーでもない、書いては消すに陥る時がある。
んで最初にあ、これ書きたいって思った衝動が既になくなってて面倒になったり、とりあえず見てくれを整えた文字の羅列になってたり。

あと考えてるうちに忘れる。今もう既に1文字目を打ち始めた私はいない。

なんか今日は無駄な日を過ごしてしまった。
無駄だけど、しばらく記憶には残るであろうそんな日。

うーん

まだまだだな

眠いな

どうしよう


忘れた頃に読み返して、あーこんな日もあったねぇと懐かしく思う日がいつか来るでしょう。
こんなの残してたなんては恥ずかしい(笑)
と思えるくらいが最高。

ではこれで。